孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

旅行が好きか嫌いかの差は正確ではなく遺伝子レベルの衝動性にあった

広告

 

f:id:mowan:20170828224153j:plain

旅行しても全然楽しいと感じないんです。

一時期割と真剣に悩んでました。

 

秋田からディズニーランドに行ったりUSJに行ったときも、行くって決まったときはワクワクしてるんですけど、当日が近づいてくるとだんだんユウウツになってきます。

 

出発当日の前日夜や当日朝なんてほんとひどいもんで、行きたくなくてしょうがなくなってしまうときもあります。

 

現場ではなんとか楽しもうと思うし、実際楽しいときもあるんですけど、ほとんどぼーっとしてるかんじ。

周りの楽しんでいる人たちを見て、ほんとうにこの人たち楽しいと思ってるのかな、なんて考えながら歩いてたりします。

 

なんでなのかずっと考えていたんですけど、最近理由がわかってきました。

 

まずは旅に出たくてしょうがないという人たちの旅に出る理由を調べてみました。

 

旅行に行きたくてしょうがない衝動が遺伝子に組み込まれてる人

www.huffingtonpost.jp

ワンダーラストの原因は、未だに明確になっていませんが、一つだけはっきり言えることがあります。世界中に頭がおかしくなるほど旅に出たくてたまらない人が存在しているということです。のどが渇いたとき水を欲しても飲めないのと同じように、旅に行きたくて行けないのが身体的に苦しいのです。

 

 なにそれまったく理解できない…。

できれば死ぬまで秋田の中ですべて完結させたいと思っている僕とは真逆の価値観です。

 

旅行に興味がない僕のような人たちは間違いなくこの遺伝子はないでしょうね。

 

今の生活に強烈な不満があるので旅行に行きたい人

tabi-labo.com

私はとにかく当時の自分の環境が嫌で嫌で仕方なくて、なんとかそこから抜けだしたくて海外を目指した「逃避組」です(笑)。大学受験に失敗して希望の大学に行けず、派手な大学生活にも馴染めない。

 

留学が終わっても、日本に帰ったって、イケてない自分に戻るままだ。そうなるくらいなら、日本に帰りたくない!!負け続けている自分を認めたくなくて、なんとか日本の大学生活に戻らないでいられる方法を考えたら、それが世界一周だったんです。

 

旅行にあまり興味がない僕も、仕事がつらくてしょうがなかった時期には、ああ、どこか違う国に旅に出たい、なんて思ったりしました。

結局行ってないですけど…。

 

自分のコンプレックスとか、現状への不満とか、将来の不安とか、そういうのから旅にでたくてしょうがなくなったことってみんなあると思うんですよね。

 

今とは違う非日常の世界に行くことですっきりしたい、何かを振り切りたい。

旅行に行きたいっていう衝動がわかないっていうことは、意外と現状に対してそれほど大きい不満がないのかもしれません。

 

 

旅行に行きたくてしょうがないという人たちは、旅に出たくてしょうがなくなる遺伝子を持っているか、日常から離れたくて、非日常を得るために旅行に行く。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

何かを得るために旅行に行くと何も得られない

そう考えると、僕なんかは旅行に行くとき、行きたい! っていう情動よりは、旅行に行ったら何か得るものがあるかなあ、とか、行っておいたほうがいいかなあ、なんていう、頭の中で考えただけの行動になっているんですよね。

 

そんなご利益主義で旅行に行ってもそりゃあ何も得られないですよね。

世界一周は今ちょっとしたブームだけど、別に一周したからって、何かを得られる訳じゃないし、特別な自分になれるわけでもないです。
たとえ一見すごそうに見えることをやったとしても、自分の感覚、自分の腹の底から出てきたものを選んでいかなければ、どんな経験にも意味がありません。
世界一周や就職活動など、SNSなどにたくさん情報があふれていますが、人の言っている事をちょっと取ってきて、ちょっとやってみることって結局あんまり意味がありません。他人の経験のコピペをしていてもそれは所詮コピペ。

手放していく旅 -小野美由紀 | TABI LABO

 

そう、何も得るものなんかないんですよ。

特に、僕みたいに他の人がおもしろいって言ってたから行ってみるとか、新しい価値観が手に入るかもだの、成長できるかもだの、そんなことを頭で考えてるから。

 

tabi-labo.com

旅に出るきっかけはいつだって、強烈な衝動です。いくら国をあげて「若者よ、旅に出ろ!」と叫んでも、その人自身に内なる衝動がなければ決して旅には出ませんよね。どうしても見たいもの、どうしても食べたいもの、どうしても会いたい人がいて初めて人間は旅に出るんです。

 

僕にはそんな強烈な衝動が湧いたことはありません。

 

旅は行きたくないなら行かなくていい!

というわけで、僕は旅行や旅には行きません!

世界中や日本中を自由に旅している人に憧れたりもしますが、それはその人たちだけの特別な感覚。

無理して誰かになろうとする必要はありません!

 

NHKの番組で旅をしていた関口知宏さんのインタビューで、ものすごーく印象に残っている発言があります。

 

インタビュアー「この旅で成長することができましたか?」

関口知宏さん「旅に出たら成長しなけりゃいけないの?僕は成長という言葉は嫌いです。

 

細かい言葉の使い方は違っていたかもしれませんが、ニュアンスはこんなかんじでした。

 

旅に出たら成長しなけりゃいけないの?僕は成長という言葉は嫌いです。

 

理由とか目的とかそんなもんいらないんですね。

行きたきゃ行けばいいし、いきたくなきゃ行かなきゃいい。

 

はい、僕は今旅行にはいきたくないのでいきません。