孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

弱小チームのメンタルを強くする方法

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

NHKの「助けて!きわめびと」という番組で、メンタルトレーニングコーチの高妻容一さんという方が出演していました。

タイトルは「マイナス思考撲滅大作戦」

www.nhk.or.jp

弱小少年野球チームのメンタルを改善して試合に勝たせるという趣旨で様々なテクニックを使っていました。

上に貼ったリンク先に、放送で使われていたテクニックが紹介されています。

 

・笑顔

笑顔を作ることで力みがなくなって良いパフォーマンスが出せるようになる

・サイキングアップ=心のウォーミングアップ

音楽に合わせて体を動かしたり、いろんなテンションの上がるゲームをして気分を乗せてから普段の練習に入る。

・チームルーティーン=心の切り替えスイッチ

チームオリジナルの掛け声や動作を行うことでチームワークを高める

 

さらに、上のサイトでは紹介されていないのですが、番組の中で高妻さんは3人のメンタルを改善していきました。

 

 3人のキーマン

1人目:チームの中で最もメンタルが強い子

チームの中でメンタルが強くて本当はやる気がある子を見つけ出してプラス思考に上げていくことで、この子が積極的に声掛けなどをするようになってチームの雰囲気が変わっていきました。

 

2人目:チームの中で最もネガティブでやる気のない子

今までネガティブな発言ばかりしていてやる気のなかった子が練習中や試合中にポジティブな声出しをするようになると、つられるように周りの子たちも前向きになっていきました。

 

3人目:監督

今まで監督は毎日悪いところを指摘して叱るばかりでほめることがあまりなかったので、子供たちの頭の中はマイナスイメージで埋め尽くされていました。

高妻さんは監督に、子供たちのプラス面を見つけてほめるように伝えたのですが、

監督は今までのクセがなかなか抜けないようで、つい子供たちを怒ってしまっていました。

やはり子供よりも大人は変わるのに時間がかかるようです。

 

 

 結果はというと、番組後半に放送されていた試合では負けてしまいましたが、上のサイトによると、後日地元の大会で2勝して優勝したそうです。

 

チームを変えるというときによくあるのは、監督の意識を変えさせるか、チームのリーダーの意識を変えさせるというのはよくあります。

でも高妻さんの場合は最もメンタルが強い子と最もメンタルの弱い子を見つけてポジティブに変えることでチームをがらっと変えていました。

 

これはスポーツだけではなくビジネスにも応用できると思います。

実際高妻さんはあらゆる分野でトレーニングを行っているようです。

会社組織でも、リーダー、メンタルの最も強い人、メンタルの最も弱い人の3人がポジティブに変われば強い組織に変わるかもしれません。