孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

【書評】『史上最強の人生戦略マニュアル』著・フィリップ・マグロー 訳・勝間和代

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

 正直よくある自己啓発本というかんじでしたけど、改めてこういうベタなものをまとめるのもいいかなと思って取り上げました。

一応日米で大ベストセラーの本らしいんですけど、ちょっと文章がよみにくいのが難点かもしれません。

 

それにしても今まで僕は人生の戦略なんて立てることもなく、その場の思い付きとか雰囲気とかに流されながら生きてきました。

その結果何の積み重ねもなくここまできてしまいました。

せっかく積み上げたものを自らリセットして破壊して。

まあその辺は僕のプロフィール記事に書いたので詳しくは語りませんが、30代になって本当によく思うのは、もっと計画的、戦略的に人生を積み重ねてきていればなあ…ということです。

強いて言えばこのブログの記事がちょっとずつ積み重なっていっているくらいですかね…。

まだ今からでも戦略的に生き直せば間に合うと信じたいです…。

まあそんなんで、ツイッターでつぶやいたもののまとめです。

 

自分が認めていない事は変えられない

 自分は太っていないと思っているのにダイエットをすることはありません。

無意識では自分は太っているとわかっているのに、意識がそれを受け入れようとしないので、どんどん太っていくことになります。

現状に向き合うのはなかなか気合が必要になりますが、向き合わない事には改善されることはありません。

受け入れたくない事実から目を逸らさずに、まずは受け入れること。

そうすれば自然とそれを改善しようとする行動につながっていきます。

 

人々はあなたの意思には関心がない。興味があるのはあなたの行動だ。

 いくら自分が何かをやるつもりだったとしても、実際にやらなければ他人からは何もしていないとみなされます。

他人から見えるのは行動だけです。

意思は見えません。

そのうち起業しようと思ってるんだと言ったところで周りからは、ふーんそっかー、と思われるだけで終わりです。

でも起業しようと具体的に動いていれば、周りは興味関心を持ちます。

他人の興味関心を引き付けたければ、具体的に動き続けることです。

ただ口でするする言っていても、それは言い訳にしかなりません。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

事実なんてない。あるのは認識だけ

どんな出来事もただの出来事でしかない。

そこに意味を与えるのは自分の考え方です。

もし何か嫌な出来事やつらい出来事が起きたら、そのとき感じている感情やそのとき思った否定的思考に対して、これははたして本当なのだろうか、と疑ってみるクセをつけると良いようです。

 

相手の望ましくない行動に見返りを与えない

 もし相手が泣くことによってあなたがその人の言う事を聞いたら、次からもその人は同じ行動であなたをコントロールしようとします。

もし大きい声を出して怒ることであなたが言うことを聞いたら、その人は次からも大きい声で怒鳴ることであなたをコントロールしようとします。

自分にとって好ましくない相手の行動に対して、それをすれば言うことを聞くのだというような認識を与えさせてはいけません。

その方法では自分は動かないのだという意思を明確に伝えなければ、相手はその不快な行動を何度もくり返してくるのです。

 

本当に求めているのはどのような感情なのか特定する

 お金が欲しいという人は多いですが、お金を手に入れることによってどのような感情を手に入れようとしているのかまで考えている人は少ないです。

お金を手に入れることによって安心を手に入れたいという人もいれば、お金を手に入れることによって優越感を感じたいという人もいる。

興奮を手に入れたいという人もいるだろうし、自由を手に入れたいという人もいる。

欲しいと思っているものの裏に隠されている、自分が求めている感情を知ることで、そこに至る道はいくつもあることに気が付きます。

優越感だったり興奮だったりを手に入れる方法はお金以外にもあります。

一体自分はどのような感情を求めているのか、一度じっくりと探ってみることです。

 

 

史上最強かどうかはわかりませんが、言っていることは正しいのだと思います。

最初にも書いたように、僕もこれからは今までのように流される生き方じゃなくてちゃんと戦略的に生きていきたいものです…。