孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

営業マンはなんでもノートにメモするクセをつけると成績が伸びる

広告

 

f:id:mowan:20170828224153j:plain

1億稼ぐ営業の強化書』という本を読みました。

著者の市村洋文さんは、野村證券で伝説の営業マンと呼ばれていた人です。

市村さんが実際にやっていた営業手法が書かれていて、僕も証券会社で営業をしていた頃のことを生々しく思いださせられました。

ちなみに僕の記憶では、伝説の営業マンと呼ばれていた人は1人ではなく何人かいた気がします。

 

相手のことを詳しく書いておく「外交ノート」

この本に書かれていた営業手法は、もう僕が証券会社にいた頃にはコンプライアンスの問題で禁止になっていたものもいくつかあったのですが、根本的な考え方を身に付けるにはとても良い本でした。

 

と言いつつ、僕はもうとっくに営業の仕事はしていないので、そこに関しては「なるほどおもしろいな」くらいで終わったのですが、今回実践してみようと思ったのは、『外交ノート』の部分です。

 

要は外交先で色々な人と話した内容などを詳しく書いておくノートです。

話した内容だけでなく、気付いたことは小さい事でも全て忘れないうちにノートに書きなぐっておきます。

そしてそれを後で整理してきれいに清書します。

 

これを読んだときに、僕も営業をしていた時にそこまで細かく書いていたわけではないですが、その日話した見込み客や既存客との会話や気付いたことを個人情報が特定されないレベルでメモ帳に書いていたのを思い出しました。

 

何となく書いていたレベルでもけっこう役に立つことが多かったそのメモ帳ですが、上記の本に書かれていたようにもっと細かくノートにメモしていたらさらに結果が出ていたかもしれません。

 

自分では1人1人との会話の内容や気付いたことは覚えているつもりになっていることが多いです。

でも実際はかなりの部分が抜け落ちています。

 

そこをしっかりメモしておいて相手に対応することができたら、相手の印象は全く違うものになっていたはずです。

当時もっと徹底的にこの外交ノートを作っていたら…と今更後悔しても仕方ないので、これから活かすことを考えてみたいと思います。

 

まず仕事に関して、僕は今営業の仕事はしていないですが、教育関係の仕事に就いています。

ある程度ざっくりと1人1人の特徴は掴んでいるとは言っても、普段話している会話の内容だったり性格の特徴や勉強の細かい癖のようなものまで全て完ぺきに把握しているわけではありません。

 

その都度確認しながらその場その場で対応しているのが現状です。

もしこれを、「外交ノート」を作って生徒のことを全て詳しく書いておくようにしたら(もちろん外部に特定されるような個人情報は除いて)、生徒の成績だけでなく、人生全般においても成長させてあげられる可能性が増えるかもしれません。

 

生徒の親も、生徒自身でさえも、自分のことというのは案外分かってないものです。

それを分かってあげることができるような人間がいたら、人生に大きな影響を与えることになると思います。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

恋人、夫婦などプライベートな事も「外交ノート」に書く癖をつける

この「外交ノート」はプライベートでも間違いなく力を発揮すると思います。

証券会社時代の元同僚の後輩で、トップクラスの営業成績を出している人が実際にやっているというのを聞いたのですが、妻や子供について毎日話したことや気付いたことをかなり細かくメモしているそうです。

 

その人は不動産運営でも結果を出していて、持っている不動産について気付いたことは全てメモしているそうなのですが、そこからプライベートなことでも気付いたことは書くようになったそうです。

 

たしかに、恋人や夫婦の不和はお互いの勘違いや思い込みだったりコミュニケーション不足から生まれる可能性が高いです。

 

しかもお互いの真意は普段の何気ない会話や行動の中に隠れていることが多いものです。

そこに気付かないまま何となく毎日をやり過ごしてしまうから徐々に亀裂が入っていってしまうのでしょう。

 

「外交ノート」はなぜ効果があるのか

書けば手が覚えているもので、「これと同じケースを経験したな」「前にも聞いたことがあるぞ」と以前のノートをひもとくと理解不足だった過去と現在がカチッとつながって知識がさらに深まっていくのです。

そうやって読み返すとき、意外にも枝葉の部分にこそ、外交先の社長のメッセージや気持ちなどお客様の真意が表れていることに気がつくのです。

 

聞いたこと、頭の中で考えたことは最低でも1回はアウトプットしておかないと忘れやすいもの。

人間は1時間後に70%忘れ、翌日は5%しか覚えていないのです。

整理ができる人は仕事もできるのは間違いないのです。

常に頭の中が整理されているので、何がどこにあるか、いつまでに何をしたらいいかわかっているためミスがないし、時短でなんでも仕上げてしまいます。

 (1億稼ぐ営業の強化書)より

 

理想的にはその日にあった出来事や話したこと、考えたことなどをその都度、できれば30分くらいごとにメモしていくのが良いそうなのですが、さすがにそこまではできる気がしないので、僕はまず時間を決めて、その日の出来事や会話、気付いたことをメモしていくことを習慣にしていきたいと思います。

そして慣れてきたら徐々にその都度書き記すようにしていきたいです。