孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

どうしても金持ちになりたいなら付き合う人を変える『お金持ちの教科書』

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

 お金持ちになりたければ、お金持ちと付き合うのが最短ルートです。

お金持ちと普通の人とは価値観がまったく違います。

 

普通の人の価値観のままお金持ちになるのは至難の業です。

でもお金持ちの思考を自分のものにすることができれば、チャンスはいくらでもやってきます。

 

ここでは、『お金持ちの教科書』の中から、お金持ちと付き合うことがどれだけ大事なのかがわかる部分をいくつか抜き出してみました。

貧乏人と付き合うと貧乏になる

 証券会社でお金持ちを見ていて感じたのがこれです。

お金持ちはお金持ち同士で付き合っていることが多かったです。

というより、お金持ちのコミュニティみたいなものができあがっていました。

 

きっと入ってくる情報も普通の人とは違うのでしょう。

お金持ちしか知らない情報がお金持ちの間でだけ回っているのではないかと感じました。

 

証券会社にいたとき、課長から「お客にするなら本当の金持ちだけにしておけ」と言われたことがあります。

普通の人を相手にすると、労力がかかる割に買ってはくれないし、クレームも多くなります。

 

でもお金持ちは、良いと思えばすぐ買ってくれるし、クレームを入れてくることもほとんどありません。

本当のお金持ちは人間性も普通の人とは違うのです。

 

ここで言うお金持ちとは、医者とか上場企業の会社員とかではありません。

医者も上場企業の会社員も、お金を持っていると言ってもせいぜい1000万~2000万くらいです。

 

しかもいつも忙しくて精神的に追い詰められていて、ピリピリしています。

性格が悪い人も多いです。

この人たちは、いわゆる社会の奴隷です。

 

ここで言うお金持ちとは、もっとお金を稼いでいるのに、精神的にも身体的にも自由な人たちのことを言っています。

この人たちは本当の自由を楽しんでいて、本当の余裕があります。

 

そういう人たちのコミュニティは普段僕たちのような一般人の目には触れることがないので気付きません。

 

つまり完全に住む世界が違うのです。

 

本気でお金持ちになりたいのだったら、そういう人たちにかわいがってもらって、その人たちだけの間で回っている情報に接する必要があります。

 

お金持ちは若いうちから贅沢を経験している

 お金持ちにはお金持ち独自の価値観や行動があります。

そういうものは実際にお金持ちの人たちとの付き合いがなければわかりません。

 

例えば、僕が証券会社時代にかわいがってもらっていたお金持ちの方は、絶対に車はベンツにしか乗らないと決めていました。

 

その理由は、ベンツは頑丈にできているうえに、衝突するとエンジンだけが車から外れる仕組みになっているそうです。

 

つまり命の安全のためにベンツに乗っていたのです。

 

僕は、ベンツに乗る優越感とか見栄のために乗っているんじゃないかなんて思っていたので、意外な理由に驚きました。

命を守るためにお金を投資していたのです。

全然考え方が違うんだなと思いました。

 

車にお金をかけるという感覚がない僕は、今では軽自動車に乗っていますが、事故に遭ったらすぐ死んでしまうでしょう。

 

お金の使い方もお金持ちから学ばなければならないようです。

f:id:mowan:20170828224142j:plain

お金持ちは自分を高めることができる人と友達になる

 普通は友達になったきっかけなんて、なんとなくとか、気が合ったからとか、趣味が合ったからとか、そういう感じですよね。

 

でもお金持ちは違います。

自分を高めてくれる人と付き合うという明確な基準があります。

 

だから、自分より立場が上の人と付き合ったり、立場が同じでもすごい才能や技術を持っている人と付き合ったりします。

 

普通は、自分より立場が上の人だったり何かの才能あふれる人と付き合うのは気が引けるというか、居心地が悪いですよね。

 

でも本当のお金持ちは、そういう居心地の悪さの中にこそ自分の成長があることをわかっていて、あえてそういう環境に飛び込みます。

 

お金持ちの子供は、お金持ちになりやすい体質を持っている

 医者の子供や両親が教師の子供は頭が良いことが多いですよね。

 

それと同じようなかんじで、お金持ちの子供はお金持ちになる能力を持っていることが多いです。

 

社長の子供が大人になって自分で会社を作るというのはよくあります。

別に特別親から起業の仕方を教わったわけでもないのに、起業します。

 

やはり普段誰と一緒にいるかというのは、それだけ影響が大きいのです。

だからと言って、自分の親が普通のサラリーマンだからと悲観することはありません。

 

上にも書いたように、普段付き合う人を変えればお金持ちになることはできます。

しかもそれは早ければ早いほど良いです。

20代から30代半ばくらいまでに付き合う相手を変えれば、自分もお金持ちに変われる可能性は十分あります。

 

これが40代以降になってしまうと、価値観が固まってしまっていたり、新し事に踏み出しにくい環境にいたりと、なかなか難しくなってしまいます。

 

若ければ若いほど変化のチャンスは大きいです。

今からでも勇気を出して、お金持ちと付き合うチャンスをつかむべきです。

 

『お金持ちの教科書』では、お金持ちのパターンを客観的に分析して書かれています。

どうしてもお金持ちになりたいという人は、読んでみて損はないと思います。