孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

地方で暮らしていて感じる些細な楽しみ5つ

広告

秋田の田舎暮らしで良いところと言われてみんながパッと思いつくのは、自然が多いとか美人が多いとかご飯が美味しいとかそんな感じだと思います。
たしかにそれらもすごく良いんですけど、実際に秋田で生活しているともっと些細な楽しみも僕にはあります。
きっと田舎で暮らしている人なら分かってもらえる部分もあるんじゃないかと思っていくつか挙げてみました。

f:id:mowan:20170828224153j:plain

テレビの全国放送で秋田が特集されるとすごく嬉しい

例えば「鶴瓶の家族に乾杯」とか「秘密のケンミンSHOW」とか「笑ってコラえて!」のダーツの旅とか。
特にインタビューされた人が秋田弁でバーっとしゃべってたりするとなぜか爆笑してしまいます。
県内どころか自分の住んでいる町だったり隣町に番組が来た日には大変です。
番組が近所に来ると分かったら放送される1週間以上前からソワソワし始めます。
そして番組が始まると、知っている人が映るんじゃないかとテレビに食い入るようにチェックが始まります。
秋田に来たタレントが、秋田は良いところだったとか、良い人ばかりだった、なんて言ってくれた日には嬉しすぎてずっとニヤニヤしっぱなしです。

 

休日のイオンモールが楽しい

田舎ではイオンモールが休日に遊びに行く施設の定番となっています。
もうその賑わいっぷりと言ったら、ディズニーランドに来たんじゃないかっていうくらいの盛況ぶり。
秋田のディズニーランドはイオンモールです。
とにかく家族連れだらけ。
楽しそうに走り回る子供たちに、振り回されるお母さんたち。
そして疲れ切った顔のお父さんたち。
さらにカップルたちはニッコニコで手をつなぎながらイオンモールデートを楽しんでいます。
まさに夢の国です。
ちなみに僕は独身だし彼女もいないので、そんな幸せそうな人たちを眺めながら夢の世界に溶け込んでいます。

 

移住者が来るという噂が入るとワクワクする

今は田舎移住ブームなので、秋田にも毎年移住者がやって来ます。
特に僕が住んでいる町の隣町はけっこう移住者が多いところなので、いろんなところから「今度移住者が来る」という情報が入って来ます。
僕は別に移住者を支援するような仕事をしているわけでもないので全く関わることはないんですけど、町の広報誌とかフリーペーパーとか、友達だったり家族だったりから移住者の情報が入ってくると、なんだか隣のクラスに転校生がやって来たときみたいなワクワク感があります。

 

イベントで秋田のローカルタレントに会うと嬉しい

秋田県の有名タレントといえば石垣政和さんとかシャバ駄馬男さんとかバリトン伊藤さんとかブラボー中谷さんとか。
女性でいうと真坂はづきさんがかわいくて明るくて元気で好きです。
秋田のローカルタレントなので、県内のイベントに行くと会うことができたりします。
普段テレビやラジオに出ている有名ローカルタレントに生で会えるとなんだか思わずニヤニヤしちゃうくらい嬉しいです。
そこら辺の微妙な全国区のタレントさんを街で見かけるよりも圧倒的な喜びがあります。
ローカルタレント恐るべし。

 

深夜徘徊がはかどる

田舎なので深夜になると人も歩いていないし車も走っていません。
そんな夜の静寂の街を散歩するのは最高の幸せです。
イッツマイワールドです。
自分だけの世界です。
1日の中で最も幸せな時間です。
こんな幸せが味わえるのは田舎ならではです。

 

 

今改めて項目を振り返ってみたら、全部1人で楽しめるものばかりですね。
そりゃそうか、僕ボッチだしね、ははっ。