孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

プログラミングを勉強するなら環境構築は大事だなと実感した話

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

N予備校でプログラミングを学び始めて4カ月が過ぎました。

その間に、プログラミングを勉強する上で一番大事なのは環境構築だなと、ものすごく感じました。

直接的な意味で言えば、今N予備校で勉強中のNode.jsを使い始める時に行った環境構築です。

 

最近のプログラミング学習サイトだと、環境構築無しですぐにプログラミングができます、っていうのを売りにしている運営会社をよく見かけますけど、N予備校の場合はその環境構築にしっかりと時間を割きます。

 

ここにはカリキュラム作成者の意図が明確に反映されていて、最初に苦労するであろう環境構築ができるようにならないと、現場で使えるプログラマーにはならないという考えのようです。

 

僕も初心者ながらに色んなプログラミングの記事を読んだり実際に手を動かしてプログラミングしているうちに、本当にその通りだなと感じるようになりました。

 

そしてもう少し広い意味での環境構築で言うと、Vagrant + VirtualBoxで開発環境を作ったりだとか、GitHubの使い方を覚えるとか、テキストエディタの使い方に習熟するだとか、そっちの方の環境を構築するという事です。

 

ただコードを書けるだけでは今のITの世界では全くやっていけないんだなという事がわかりました。

 

「コード書く以外で覚える事多すぎ…」と、途中かなりビビりましたけど、色んなツールを使っている間に、よく使う部分は繰り返し出てくるので実は覚える事を絞ればそんなに苦労はしないことがわかりました(というかN予備校側がそういう風にカリキュラムを組んでいる)。

 

これに関しては最近読んだ記事に同じような事が書いてあって、ああ、これだとビビっと来ちゃいました。

Ericsson教授の研究チームは、最も効果的な練習方法として「計画的訓練」を掲げています。習得しようとしている重要なスキルに集中し、知的なフィードバックを受けながら何度もそれに取り組むという方法です。このアプローチはさまざまな分野で効果を発揮します。たとえば、患者の転帰を改善したい医師、物理を勉強している学生、あるいはスコアをよくしたい週末ゴルファーなどにもオススメです。

www.lifehacker.jp

ただ漠然と練習するのではなく、重要なスキルを集中的に繰り返し取り組む。

N予備校の場合でいうと、Linux開発環境構築コースというひとつのコースを設けて、環境構築をかなりの時間学びます。

 

このコースを学んでいる間は何のためにこんなことをしているのかわからない、という状態なのですが、次のコースに入った時に全てわかります。

実際のWebアプリ開発コースに入ると、開発環境構築コースで学んだ事によって開発が楽になることを実感します。

 

この感覚は他の学習サイトでは(自分が知る限り)無い部分なんじゃないかなと思います。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

そしてさらにもっと広い意味での環境構築は、普段触れる情報です。

プログラミングの勉強を始めて3か月くらいはあまりプログラミングに関する色んな記事を読むという事はしていなかったのですが、先月くらいからQiitaをはじめいくつかのサイトを毎日見るようになって、急激に自分の知見が広がった感覚があります。

 

プログラミングを勉強していてもずっとつきまとっていた不安のようなものが、どんどんなくなっていく感じです。

もちろん知れば知るほど逆に知らない事が増えていって大変なのですが、何を知らないのかが分かっていくことで不安はかなり軽減しました。

 

そして最大の環境構築は、人です。

やっぱり何を学ぶにおいてもメンターの存在は重要で、メンター無しだと学習には限界があるなと教育業界にいてよく感じます。

メンターでもプログラミング学習者でも、あなたをサポートしてくれる仲間を持つことの価値は計り知れません。プログラミング学習が困難に思えるときにも、他の仲間も同じように努力していると知っていることは支えになるでしょう。

メンターはあなたのプログラミング学習における努力を強力に後押ししてくれるでしょう。彼らはあなたが行き詰まったときには助けてくれますし、疑念を持ったときにはアドバイスを与えてくれます。また、次に何を学ぶべきかという学習の方向性を示してくれますし、最終的な目標に向けてナビゲートしてくれます。

readwrite.jp

この記事に書いてあることは本当にその通りだと思います。

それでいくと僕の住んでいるところはど田舎の県のど田舎の地域なので、人から直接プログラミングを教わる環境なんていうものはありません。

 

なかなか致命傷だなと思っていたのですが、N予備校の場合はQ&Aのコーナーがあって、質問するとものすごい丁寧に回答してくれます。

自分が気になったことは他の人が先に質問していたりもするので、Q&Aコーナーを読み漁っているだけでも何とかなったりします。

 

しかも自分が作った制作物なんかも評価してくれたりして、他の人が作ったものを見たりすると非常にモチベーションにつながります。

 

要は何かを学ぶ上で環境というのは非常に大事な要素で、何かを学ぶ際にはまず環境作りを最優先に、時間をたっぷりかけてでも作り上げるという事が大事だなということを、頭ではわかっていたものの、感覚として腑に落ちたこの一か月だったな、という話でした。