孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

北朝鮮に対する各国の動きは今後どうなるか

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

今後各国は北朝鮮に対してどう動いていくのか。


日米韓は引き続き北朝鮮に圧力をかけていくことになる。
今後も引き続き経済制裁や軍事的圧力で核を放棄させようとする。
しかしこれまで長い間アメリカの対話と圧力はうまくいかなかった。
戦略的忍耐は失敗だった。


そこで、トランプ政権になって、もうひと押し何か今までとは違う行動ができるかどうかが鍵になってくる。
しかし何をしでかすかわからない北朝鮮に対して下手に直接手を出すわけにはいかない。
しかも北朝鮮はどれだけ追い込まれても軍事力だけは最後まで捨てようとしないだろう。


そこで鍵になってくるのが中国の動き。
中国とロシアは北朝鮮に核を持たせたくはないが北朝鮮がなくなっては困るので、ちょうどいい落とし所を探っていくことになる。


米中間では、中国が北朝鮮の核と金正恩を両方排除できたならば北朝鮮の改革は中国に任せる、北朝鮮の勢力圏は中国に明け渡す、という話し合いがされている可能性がある。
そうなると、中国としては北朝鮮が自滅するように誘導していく作戦をとるのが現実的か。


金正恩に不満を持つ身近な人間を使って金正恩を暗殺するか、金正恩を亡命させるか、いずれにしろ金正恩がいなくなりさえすればいいので、あらゆる手を使って金正恩を排除する。


今の金正恩体制の北朝鮮が倒されるとしたら、武力によって直接北朝鮮を潰すのでは無く、中国が裏からあらゆる手を使って金正恩を排除し、武力衝突無しに北朝鮮を改革解放していく可能性が高い。