孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

北朝鮮が日本に核兵器を撃つ可能性はどのくらいあるのか

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

北朝鮮が日本に核兵器を撃つ可能性はかなり低い。

 

核は、持っていること自体が抑止力につながる。

核兵器を撃ってしまったら意味が無くなってしまう。

核は撃たずに持っていることで、他国に脅威を与え続けることに意味がある。

北朝鮮は自国を核武装国として世界に認めさせることで、大国との交渉力を手に入れようとしている。

 

核によって、世界から孤立している状態を解消したり、食糧難を解消したり、貿易の不均衡を改善したいと考えている。

もし核を撃ってしまったらそのカードを失うばかりか、アメリカを始めとする世界の国に一瞬で潰されることになってしまう。

 

普通の国の感覚ではこの状況で自分から核兵器を発射するということは考えられない。

しかし金正恩は何をしでかすかわからない。

北朝鮮に限っては、核兵器を撃つ可能性があるということは常に考えておかなければならない。

 

では北朝鮮が核兵器を撃つ可能性は否定できないとして、その標的が日本である可能性はどのくらいあるのか。

北朝鮮は日本が標的になると脅してきているが、実際にはその可能性は無いに等しい。

北朝鮮は何度も日本海に向けてミサイルの発射実験を行っている。

 

しかし北朝鮮がミサイルを撃っているのは日本海に向けてであって、日本やアメリカを直接狙って撃っているわけではない。

地理的に日本海側に撃つしかないので撃っているだけ。

 

今の段階で他国が北朝鮮に攻め入ることはできていない。

北朝鮮から動かない限り、他国は動けない状態にある。

 

まして北朝鮮が完全な核武装国家になれば、ますますどこの国も北朝鮮に攻め入ることはできなくなる。

北朝鮮はその状態を目指しているのに、今中途半端に日本に攻撃してしまったら、一瞬で潰されてしまう。

 

もし攻撃するとしても、最初に日本に攻撃するのは効率が悪い。

まずは地理的にすぐ目の前の脅威である韓国に攻撃するか、アメリカの空母を潰しにいかなければならない。

 

反撃する能力のない日本に攻撃してもその後一瞬でアメリカと韓国の総攻撃を食らうことになってしまって、まったく意味がない。

よって、北朝鮮が日本だけを狙って攻撃するということはまずありえない。

 

ただ、何をしでかすかわからない金正恩のやることなので、可能性がまったくのゼロだとは言い切れない。

必要以上に恐れる必要はないが、常に警戒はしておく必要がある。