孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

モチベーションの上げ方がわかる一冊『図解モチベーション大百科』

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

 はああーーーーーーーーー(クソデカため息)

生まれてからずっと眠い。

ずっと寝て暮らしたい。

8月からブログを一新して、ツイッターも始めました。

ずっとぼっちでブログを書いてきたので、急にいろんな人と接する機会が増えたのが楽しすぎてしょうがなかったです。

滅多にない激高テンションで過ごすことができました。

 

で、そんなこんなで2週間。

もう息切れ。

あーーつかれたーー。

これからはもうちょいいろんなことのペースを落とそうと思います。

そもそもこの2週間がおかしかったのです。

テンションの下がった今の状態が通常営業の僕です。

 

だからといって低すぎるテンションのまま仕事に行くわけにもいかないので、前に買った本を引っ張り出してきました。

『図解モチベーション大百科』

この本、スタンフォード大学とかハーバード大学とか、一流研究機関の研究結果ばかりを載せているので、信頼性はけっこう高いと思います。

しかも100個もの実験結果が載っています。

なかなかお気に入りの一冊です。

 

やるべきだけどやりたくないことは、「やるの?」と自分に聞いてみよう

 友達とかに強制的に「お前これやっておけよ」とか言われたらブチ切れますよね。

それと同じで、自分に対しても厳しいもの言いをしちゃいけないようです。

脳内でかわいい美少女の声か何かで優しく「ねぇ、やるの?」と自分に問いかければモチベーションが上がること間違いなしです。

 

やりたくないことは、「どうしたらやりたくなるか?」を考えよう

 我慢はしちゃだめなんですね。

僕は我慢強いので、うんこがもれそうで限界でもギリギリまで我慢して楽しんだりします。

でも我慢はよくありません。

我慢すればするほど自制心が消費されていって、我慢ができなくなってしまいます。

我慢するのではなくて、どうしたら楽しくなるかを考えた方が良いです。

やりたくないことにはゲーム的要素を加えるといいですね。

タイムアタックとか。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

「次は失敗するかも」と考える

 なんかネガティブはダメみたいな風潮がありますけど、ネガティブ思考は必要なんですよ。

よく言われるのは、長期視点では楽観的、短期視点では悲観的なほうが良いそうです。

10年後僕は、君の膵臓を食べたいに出ている浜辺美波ちゃんと結婚できる。

でも今告白したら振られるだろうから対策しないとなあ、みたいな。

 

迷ったときは、あえて大変な方を選ぼう

 僕はかなり優柔不断なので、なんでもすぐどうしたらいいか悩みます。

でも大変な方を選べばいいと決まってるんだったらわかりやすいですね。

なかなか自分から大変な方を選ぶとかできなそうだしそんなことできるのどう考えてもMの素質が高い人だけだろってかんじですが、結局そういう人の方が人生幸せなのかもしれません。

Mになろう。

 

緊張したら「私は興奮している!」と脳内で叫ぼう

 瞑想なんかでもよく言われますが、感情は無理やり抑えようとすると余計大きくなってしまうんです。

だから不安とか恐怖とか緊張とかは抑えようとするのではなくて、脳内で叫びながら受け入れてしまった方がいいんですね。

なんならもっと自分で不安や恐怖や緊張を高めてみると、「ああ、最大限に高めてもこんなもんか」って思えるから感情をコントロールしやすくなるっていうのを何かの本で読みました。

 

 

モチベーションてコントロールできないと思ってる人もいますけど、実はちょっとした技術でなんとかなってしまうものなんですね。

そこらへんのいろんなテクニックがこの本にはふんだんに書いてあるので、興味があったら買ってみてもいいかもです。