孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

リネージュ2レボリューションというスマホゲームに1時間で10万円課金してしまいました…

広告

久しぶりにやりました。

ぶち込みました、10万円。

 

後悔しながら航海しているリネージュ2をネットサーフィン。

優越感ははんぱないけど焦燥感もはんぱない。

 

でも久々ハマったんだオンラインゲーム。

書かずにはいられないこのライム。

 

ちなみに過去最高記録は1時間で30万円。

それに比べりゃ全然ええねん。

 

他人のブログばっか読んでた先々月。

でもごめんな読まなくなった全然です。

 

だっておもしろいんだもんリネージュ2。

対人戦で負けりゃ屈辱。

 

もう課金はしないと誓った過去の俺。

やっぱり課金しちゃった格好の奴隷。

 

ほんと熱いぜ対人戦。

PKにPKKして罵り合って喧嘩して。

 

俺はネトゲ生まれ廃人育ち。

強そうな奴はだいたい友達。

 

強そうな奴と徒党を組んでは無双してやるぜリネージュ2。

 

仕事の間も考えてる。

強くなる事だけ考えてる。

 

やること多いだけの作業ゲー?

いや、それも楽しいだろ最強ゲー。

 

f:id:mowan:20170828224153j:plain

 

そうなんです。

久しぶりにネトゲ廃人化してしまったんです…。

 

なんでラップから始まったのかというと、

さっきフリースタイルダンジョンを見てたせいでラップ調で書きたくてしょうがなくて。

 

一応お伝えしておきますが、別に課金必須ゲームではないです。

時間と工夫次第で無課金でも強くなれます。

 

でも僕は早く強くなりたかったんです。

これには戦略的な理由もあります。

 

リネージュ2レボリューションはまだ8月23日にはじまったばかりのゲームです。

ということは、ほとんどのプレイヤーがよーいドンでスタートしています。

 

オンラインゲームでは強さが強さを呼びます。

つまり、強いプレイヤーは強いプレイヤー同士で集まる傾向があります。

 

現実世界でもそうですよね。

似た者同士が集まるんです。

 

だから、スタートダッシュで上位に食い込めば自然と強いメンバーに囲まれることになります。

 

僕はそのために全力で課金しました。

 

その結果1時間で10万円…。

まったく後悔していないかといえばウソになります…。

いつ辞めちゃうかもわからないわけですしおすし…。

 

ただ約10日やってみて、これは続きそうだという手ごたえを感じました。

そして、初期段階だけまとめて課金しておけばあとは微課金でもやっていけると僕は予測しました。

 

だから、この10万円は実質1年間「強くてニューゲーム」状態で遊ぶための課金なのです。

なのだと言い聞かせています。

 

ああ、ちなみにここで詳しくリネージュ2レボリューションの説明だとかアフィだとかはしません。

 

僕はただ今のこの何とも言えない気分をライムに乗せてどこかに吐露したかったのです。

 

「これでよかったんだ…」

 

そう思いたいんです。

 

これでよかったんだ…

これでよかったんだ…

これで…

 

 

 これだけだと検索から見に来ている人たちに申し訳ないので、一応10万円でどのくらい装備が揃ったか公開したいと思います。

f:id:mowan:20170901141952j:plain

ざっとこんなかんじです。

詳細は、

武器:スコーピオン(UR)

頭:ブルーウルヴズヘルム(UR)

胴:ドミヌスアーマー(UR)

手:ブルーウルヴズグローブ(UR)

足:ドミヌスブーツ(SR)

 

これ、全部が今回10万円でガチャ引いて出たわけではありません。

武器のスコーピオンは、リネージュ2を始めて最初にたまたま出たやつです。

そして頭は、ガチャで当たったわけではなくて、マイレージを貯めてURランク装備選択ボックスでもらいました。

 

あと、手は今回の10万円で当てたわけではなくて、数日前に課金して当てたものです。

その時の課金額はいくらだったかな…。

たぶん2万だったような気がします…。

ということで、純粋に10万円でガチャ引いて当たったURは胴体だけです

 

 

はっきり言って、相当UR出る確率は低いので、課金するんだったら相当の覚悟で引いた方がいいと思います。

たぶん僕はまだ運がいいほうだったんじゃないでしょうか。

10万円でURがひとつも出なかったという話も聞くので…。

 

リネージュ2とは全然関係ないけど、ネトゲ廃人だった過去についてはこの記事にちょろっと書いてます…↓

www.taketakeshi.net