孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

婚活女性が幸せになれない理由

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

『さよなら婚活』
シンプルでインパクトのあるタイトル。
この本の内容はタイトルの通り、婚活をしても幸せにはなれないので止めるべきというもの。


著者はオウム真理教信者の洗脳を解いたことでも有名な、脳機能科学者の苫米地英人先生。
今回も洗脳という観点から婚活の弊害を論じている。

 

なぜこの本に興味を持ったかというと、僕も何年か前に県で運営している結婚相談所に登録したことがあるから。


当時登録した時は、ちゃんとした出会いが欲しいなあくらいの感覚で始めたんだけど、実際に施設に行って登録されている女性たちのプロフィールを見ているうちに、なんだかもやもやと気持ち悪さを感じてしまった。


もやもやの理由がはっきりとはわからないまま結婚相談所の利用はやめてしまったのだけど、今回この本を読んでなんとなく理由がわかった気がする。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

女性が婚活で幸せになれない理由

 

・結婚がゴールになっているから

特に20代の女性に多いのが、結婚すること自体が目的になってしまっていること。
もっと言えば、結婚式をすることが目的になってしまっている。
女性は子供の頃から親や社会、メディアから結婚は素敵なものだと憧れを持つように洗脳されてきている。

 

・学歴、収入などのスペックばかり優先されるから

婚活はどれだけスペックの高い男性をゲットできるかの競争をするゲームと化している。
彼女たちが夢見ているのは理想の男性についてではなく、スペックの高い男性から得られる理想の生活の方。
周囲の人やメディアを通して幸せな結婚生活をたくさん見たことで、妥協はできないという状態になっている。

 

・男性に養ってもらおうという思いがモチベーションになっているから

結婚相手とお互い助け合って生きて行こうというよりは、男性に養ってもらおうという依存心から活動している。
その裏には、自分の力ではこの社会で幸せに生きていくことができないという低い自尊心が影響している。

 

・現場からの逃避、将来への不安がモチベーションになっているから

婚活のモチベーションとなる感情が恐怖や不安から発生している。
婚活に必死になるあまり、本来結婚に必要不可欠な、愛とは何か、自分とは何か、という観点が抜け落ちている。

 

・婚活女性が求める理想の結婚相手は婚活女性を相手にしない

そもそも婚活女性が理想としているような男性は少数しかいない。
多くの女性が奪い合う過当競争状態の中で、わざわざ婚活女性を選ぶことは滅多にない。

 

これらの理由から、婚活女性は幸せになることができない。
ではどうしたら婚活洗脳から脱して幸せになれるのかというのは、この本の後半で具体的な脱洗脳ワークがたくさん用意されているので、ここでは紹介しないけどもし興味がある人は読んでみてください、と放り投げて終わってみる。