孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

すぐに元気が出る一冊『科学的に元気になる方法集めました』

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

こういう本を買うくらいですから、お察しの通り僕は普段まったく元気がありません。

常に眠いし常にだるいです。

唯一元気なのは「孤独のグルメ」を見ている時くらいでしょうか。

 

そんな僕ですら元気になれちゃう本がこれです。

『科学的に元気になる方法集めました』堀田秀吾

この本で紹介されている方法は全部エビデンスがあるものなので、効果は間違いないです。

そんな元気が出る方法が38個も載っています。

 

今回はその中からお気に入りの5個をピックアップしてみました。

 

 楽しい動きと効果音(かけ声)で本当に楽しくなってくる

 これはわかる気がします。

仕事に行くとき車の中でテンションが低くても、お気に入りのCDをかけて熱唱していると元気が出てきますもんね。

ちなみに僕の最近のお気に入りは藍井エイルです。

エイルちゃんなんで引退しちゃったんだよぅ。。

 

 ぼーっと何もしない時間をつくると脳は平常時の15倍はたらく

 僕はぼーっとしているように見えて実は頭の中超高速でどうでもいいことが大量に駆け巡っているタイプです。

だからすぐ疲れてしまいます。

情報が大量に流れ込んでくる現代だと、脳が休まる暇もありません。

だからぼーっとする時間を作ることで脳に余白を生む必要があります。

瞑想とかマインドフルネスとかまでいかなくても、上記のツイートに書いてあるように、ちょっとの間目をつぶってみたり、お茶をゆっくり淹れてみたりする程度でも十分なようです。

 

不安を書き出すことでパフォーマンスが高まる

これ、この本には不安を書き出すことでパフォーマンスが上がると書いてありますが、他のいろいろな本を読んでいると、他にもいろんな効果があるようです。

いろんな方がオススメしている方法なので、何は無くともこれだけはやった方がいいかもしれません。

ちなみに僕もやっていますが、これ、不安や怒りを書き出している時はめっちゃ気分悪いというか、気分が落ちるんですが、書き終わって時間を置くといつの間にかスッキリしています。

僕だけなのかわかりませんが、効果に時間差があるようなので、試す方は気を付けてください。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

身近な友人、知人などが喜んでくれそうなことを1週間に5回行うと幸福度が高まる

 やっぱり人間は社会的動物なんですね。

自分だけの幸せよりもみんなの幸せを感じることで幸せになれるようです。

ただ気を付けなければいけないのは、やる内容は具体的な方がいいそうです。

例えば、日本の平和の為に何かする、とか世界平和の為に、みたいな主語が大きくて抽象的なことだと幸せを感じられないそうです。

まずは身近な人にちょっとした幸せを与えてみることです。

1週間に5回って、少ないようで意外と意識していないと達成できなそうですね。

がんばってみます。

 

朝の最強パターンは、運動→41度のシャワー→38〜40度のお風呂

 これ、想像しただけで幸せ感あふれますね。

絶対気持ちいいでしょこんなん。

もうこれは絶対にやってみようと思います。

やっぱり元気な生活は朝の習慣が大事なんですね。

 

 

この本の良い所はすぐに元気が出るようなものばかり揃えているところですね。

簡単に実践できてすぐ効果を実感できるので、かなりお気に入りの本です。

とりあえず明日は早起きして、運動シャワーお風呂のコンボを繰り出してやります。