孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

内向的な人間が外交的になるには

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

メンタリストのDaiGoさんが30歳を迎えたということで、ニコニコ生放送で記念特番を配信していました。

過去に会員限定で配信していたものも今回公開していました。

内向的な性格・外交的な性格の違いとは

・外部の脅威に対する反応性の違い。

・内向的な性格の人は外部の刺激に対して高反応。つまり敏感。

・他人からの影響やメディアなど外部からの情報の影響を受けやすいので、付き合う相手と手に入れる情報の種類は慎重に選ぶこと。

・生物学的には、人間も動物も20%から30%が内向的な性格で、リスクを取ろうとしない。

・外交的な人間は大脳辺縁系が活発、つまり本能で動いている。

・内向的な人間は扁桃体と前頭葉が活発、つまり考えて行動する。

・内向的な人間は自制心が高く感受性も高い。

・内向的な人間は観察能力が高い。

・ギャンブルは外交的な人間がハマる。

・顔が赤くなる人の方が、実は相手の印象が良い。

・外交的な人間は学習しない。ミスしたり失敗した後もっと行動しようとする。

・内向的な人間はミスしたり失敗した後、立ち止まって考えるので行動量は減る。

・チャレンジの手数が必要で何回ミスしてもダメージが少ないものは外交的な人間が有利。

・失敗すると大ダメージになるので慎重に行動しないといけないようなものは内向的な人間が有利。

・小学校から中学校までは外交的な人間の方が成績が良い。

・高校からは内向的な人間の方が成績が良くなってくる。

・外交的な人間は諦めが早い。

・内向的な人間は諦めが悪い。

・内向的な人間は蘭の花と一緒で、良い環境で育てば素直なのでそれに応えようとするから良い方向に育つ。環境が悪ければ影響を受けやすいので悪い方向に育つ。

 

内向的な性格を活かしていくには

・内向的な人間にとってのスイートスポット、つまり最適な環境を見つけよう。

・社会での成功は自制心にかかっている。

・自制心を高める瞑想は有効。

・内向的な人は元々意志力・自制心が高い。

・孤独に個人練習を多く積み重ねる人間の方が成功する。

・孤独な青春時代を過ごしていて、その時に何か打ち込むものがあった人は成功する。

・内向的な人間はマルチタスクをしてはダメ。ひとつひとつ集中して行う事。

・人数が多いほど発想力は落ちる。少人数なほど良いアイディアが出る。誰にも見られていない方が能力は発揮しやすい。つまり勉強や仕事は1人で篭ってやろう。

・スポーツ選手などが活躍できるのはフロー状態だからで、観客に見られているからパフォーマンスが上がっているわけではない。

 

外交的な人間になる方法

・性格の約50%は遺伝だが、大人になってからでも性格を変える事はできる。

・内向的な人間が外交的になったら最強。

・自由特性理論とコアパーソナルプロジェクト

・内向的な人間でも好きな事をしているときは外交的な人間になれる。

・オードリーの春日さんが好例。

・自分のコアパーソナルプロジェクト(大好きで没頭できるもの)を見つけよう。

・セルフモニタリングで客観的に自分を見る。

・ただし無理をして外交的に振る舞うのは良くない。ネガティブな感情を抑え込むと後で副作用として噴出する。

・コアパーソナルプロジェクトを見つけて、自然に外交的になるのが良い。