孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

コンビニの食品廃棄(フードロス)問題が深刻

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

少し前に恵方巻きの大量廃棄問題がニュースになっていました。

今年に限らず毎年話題にはなるのですが、あまり解決に向かってはいないようです。

 

僕の親はコンビニを経営しているのですが、この季節になると毎年のように恵方巻きのノルマがどうだの廃棄がどうだのと話をしています。

僕は恵方巻きが好きなので親のコンビニのノルマとか関係なく勝手に買いに行って食べているんですが、大量に並んだ恵方巻きを見るたびに食料廃棄問題が頭をよぎることはよぎります。

 

テレビとかネットとかで食品廃棄問題を目にするたびになんだか後ろめたい気持ちになるんですよね。

なんとかならんもんでしょうか。

 

AbemaTVのニュース番組、AbemaPrimeでも食料廃棄問題について取り上げていて、なかなか衝撃な事実を語っていました。

コンビニというのは1日に3回発注をかけるんですよ。

11時までにおにぎり3万個とかですね、5時までにお弁当2万食とかですね。

それに万が一間に合わないと、莫大なペナルティ料金を払わされるんです、食品工場は。

要するに、販売チャンスを無くした、ということで。

それでペナルティ料金を払わされるくらいだったら、1トン2トンごはんを捨てることはなんでもないというのが今の日本のやり方なんですね。

うん…。仕方がないとはいえ、コンビニを経営しているうちの親もこの悪い流れに加担していると思うとなんだか胸が痛くなります。

 

でもこれは個々の努力でどうにかなるものでもなくて、コンビニというシステム自体を根本的に変えないとどうにもならない問題でもあります。

 今回、複数の食品小売企業の15名に“個人的見解”を伺うことができました。まず、恵方巻については、スーパーとコンビニと「調理の面での差」があります。スーパーの場合、店舗内での調理が可能です。今回伺った企業では、「店で巻いて作り値引きして売りつくす」、「恵方巻の消費期限を8時間延長」、「閉店前の段階で残数を数え担当者へ連絡してロスをなくした」、「消化率の悪い店から消化率の良い店へと振り替えした」等の答えが返ってきました。

 かたやコンビニの場合、唐揚げなどの一部商品では店内調理はあるものの、恵方巻は店内で巻いているわけではありません。したがって、スーパーのように、販売在庫や客の入りを見ながらの製造調整は難しく、また基本的に店舗の裁量で値下げができないため、恵方巻に関しては「コンビニの方がロスを減らしづらいのでは」とのことでした。

diamond.jp

上記2つの引用文を見る限り、食品の大半を外注に頼っているコンビニと、コンビニから外注を受けている食品工場側の関係を変えていかないとこれは改善されていかなそうです。

 

f:id:mowan:20170828224142j:plain

とはいえ、全てコンビニが悪いのかといえばそうとも言えないわけで。

 慶応義塾大学特任講師の若新雄純さんがAbemaPrimeの中でこう話していました。

一番の問題は元を辿って行くと、消費者が買い物に行った時に、欲しいと思ったものが棚に並んでいないというのが消費者にとってすごいストレスなんですよね。

だから絶対に小売店は消費者にストレスを与えるともう来なくなるんじゃないかというところからこれは生まれているらしいんですよ。

つまり全ての原因は僕らにあるんですよ。

僕らが買い物に行って、無いってことは、ああ、今日は完売してロスが無いんだな、っていう気持ちになって帰れるんだったらこの問題は無くなるんでしょうけど。

結局元をたどれば、消費者が求めるものをコンビニが追求していった結果今のような形になっていったわけです。

であれば、消費者側が意識を高くして、コンビニ業界に対して今のシステムは「ノーだ!」と突きつければ、コンビニ業界は変わっていかざるを得なくなります。

 

具体的に食品ロスを減らす方法の記事があったので引用します。

不正転売事件を受け、食品の廃棄について考えた人も多いだろう。食品ロスに詳しい消費生活アドバイザーの井出留美さんは「ロス削減は、消費者個人が今すぐにでも始められる」とし、取り組むべき10か条を挙げる。「消費者側にこうした意識が高まれば、大量生産や過剰在庫への対処など、業界の動きも加速するはず」と期待する。

■食品ロスを減らす10か条

 ・買い物前に自宅の食品の種類と量を確認

 ・空腹の状態で買い物に行かない

 ・買い物時、すぐ食べるものは手前(期限が近いもの)から取る

 ・必要以上に買いすぎない。限定品やセット販売に注意

 ・調理で食材を使い切る

 ・残った料理は別の料理に活用

 ・賞味期限はにおいや見た目など五感でも判断する

 ・ストック用の食品は、使った分だけを買い足して管理

 ・外食時も注文しすぎない

 ・残さず食べる

www.yomiuri.co.jp

 

コンビニの大量食料廃棄問題を解決するには、コンビニと食品工場、そして消費者という3つの柱が同時に変わらなければいけないと思います。

コンビニ側でもあり消費者側でもある僕は…。

とりあえず意識高めてがんばろうかなと思います…。