孤独なおちんちん

かなり恥ずかしがり屋な30代独身男性の孤独なブログ(U)主に自己啓発系の書評や自分の人生について語ります(U)

イライラの原因を解消する『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』

広告

f:id:mowan:20170828224153j:plain

そういえばネトゲ廃人だった頃はゲームの中でイライラしてばっかりでしたね。

現実ではそんなにイライラすることがないのに、ゲームの中ではなぜかイライラしちゃってたんですよね。

 

普段は温和なのに、車の運転になると気性が荒くなる人とかいますよね。

こういうのって何なんでしょうね。

特定の状況下でだけイライラしちゃう人。

穏やかな時が本性なのか、イライラしてる時が本性なのか。

まあどっちも本性なんでしょうけど。

 

イライラした後って疲れるし、嫌悪感に陥るからイヤなんですよね。

今回はそんな時にイライラしなくなる考え方や行動を取り上げてみました。

「アクシデントがある」つもりでいよう

 自分の想定外のことが起きるからイライラするっていうの、ありますよね。

僕もネトゲをやってた時に、試合中に自分が回線落ちしたり仲間が回線落ちしちゃうことってちょいちょいあったんです。

そういうときって、イライラっていうかもう絶望感に陥ります。

メンバー1人いないだけでまったく試合にならなくなりますから。

特に僕は回復役だったんで、僕がいないとひどいことになってしまいます。

 

でもツイートの通り、回線落ちというアクシデントは完全に防げるものではないので、だったら普段からアクシデントは起きるという前提で準備しておく必要があります。

1人回線落ちしても戦えるようなシミュレーションをしておかなければならないのです。

 

アクシデント自体はしょうがないので、その時に備えてどう準備するか。

それがイライラを防ぐことにもなります。

悪口は放置する

 僕がやってたネトゲは対人戦がメインだったので、とにかく暴言が多いゲームでした。

もう当たり前になりすぎてて、あいさつくらいにしか感じなくなってました。

喧嘩を吹っかけてくるプレイヤーもいて、最初の頃はまともに喧嘩に乗ってましたけど、途中からは流せるようになりました。

 

結局、ツイートにも書いてあるように、より感情的になった方が最後には負けちゃうんですよね。

最も勝率の高い方法は、冷静にスルーすることだと気づいてからはまともに取り合わなくなりました。

現実でも同じです。

相手の悪意は受け入れたら負けです。

華麗にスルーしつつ、自分はいつも通り明るく振舞っていれば相手の負けになります。

f:id:mowan:20170828224142j:plain

さっそうと歩けば、テンションが上がる

 これほんとに、僕うつ病だった頃、ものすごい猫背でした。

親にも医者にも、もっと背筋を伸ばして歩きなさいって注意されるくらいでした。

自分では気づいていなかったのですが、今思えば相当猫背だったような気がします。

 

姿勢とか歩き方って、精神状態と密接にリンクしていると思います。

なんか調子悪いなと思ったら、背筋を伸ばしてシャキシャキ歩くだけでガラッと変わるかもしれません。

「正しいかどうか」にこだわらない

 ネトゲでもいたんですよ。

やけに暗黙のルールみたいなのにこだわるプレイヤー。

すぐ相手のプレイに難癖つけてたんですよ、その人。

その人の中ではなんか正しい戦い方みたいなのがあって、それだけが正義みたいなかんじでいろんなプレイヤーに文句をつけていたんです。

 

でもどこにもそんなルールはないんですよね。

正しいことにこだわりすぎるとイライラするという好例でした。

やっぱり結局はそんなことよりもとにかくゲームを楽しんでいる人たちの方が試合でも勝っていたし、ゲーム自体も楽しんでいましたけどね。

恥ずかしいことは、先に自分で言ってしまおう

 僕は昔1人旅行中にらーめん屋を2軒はしごしたら、お腹を壊してうんこをもらしちゃったことがありました。

家に帰って親に正直に告白したら、めちゃめちゃ怒られました。

その時もう20代後半だったのにです。

うんこをもらして親に怒られる大人ってどうなんでしょう。

 

今ではその時のことをネタにしていろんなところで話しています。

そしていまだにうんこはもらします。

 

 

イライラは損することだけで、良い事なんてひとつもありません。

イライラしている自分はダサいんだという客観的な視点で常に見つめながら生きていけたらいいですね。